スポーツ心理学とスポーツメンタルトレーニングで自身が持てる力を最大限引き出す! ※SMTとはスポーツメンタルトレーニングのことです。

代表挨拶

  • サッカーへの目覚め

    少年時代の私は、毎日毎日、日が暮れるまでサッカーボールを追いかけるサッカー少年でした。

    小学校2年生の時にJリーグが開幕し、初めて、ガンバ大阪の試合を母親と一緒に自転車で万博球場まで見に行った時の事を今でも鮮明に覚えています。

    観客席は満員で、立ち見で試合を観戦しました。

    当時の私は地域の少年サッカーチームに入りたてで、ガンバ大阪の選手の名前も、オフサイドのルール分かっていませんでしたが、そんな小学校2年生の私の心を、サッカーがガッチリと掴んでしまったのです。

    「めっちゃ、カッコいいっ」
    「プロになりたい」

  • それ以来私は、今まで以上に毎日毎日、ボールを追いかけました。

    家の前で母親にリフティングの回数を数えてもらったり、公園のブランコやベンチを相手にドリブルの練習をしたり、高学年のお兄ちゃん達のサッカーに混ぜてもらったり・・・。

    とにかくサッカーが好きで、楽しくて、面白くて、『もっと上手くなりたい』、『早くボールを蹴りたい』、『試合早く来ないかな?』

    こんな気持ちで、小学校の5年間、ボールを追いかけ続けました。 おかげで、少年チームではキャプテンを任され、上の学年の試合にも呼ばれるようになり、中学に進学する時には、私の実力は、ガンバ大阪のジュニアユースに入団するまでになっていたんです。プロになれる!本気でそう思っていました。

    しかし、ガンバ大阪のジュニアユースに入団すると、厳しい現実が待っていたのです。

  • 初めて味わった挫折

    当時のガンバ大阪は日本で1・2を争うほどの育成組織で、関西全域から強者達が集っていました。
    そして、私のポジションは人生で初めてのベンチになったのです。小学校時代に一度もベンチに座ったことがなかった私には、毎日が辛く、受け入れがたい日々が続きました。

    皆自分より体も大きく、スピードもあるし、スタミナもある。
    自分が一番上手いと言われていた環境から、チームで一番下の環境に、一気に転落したのです。

    (今思えば)こういった逆境に初めて立たされた時の、私自身の思考がまずかった。

    当時の私はこう思っていました。

    『こういう凄いやつらがプロになるんか…』

  • 『俺、全然すごくないやん…』『俺には無理や…』

    ものすごく早かったです。
    1年目で挫折したんです。
    心が折れました。
    ポキっと。
    そして、そんな状態でガンバ大阪ジュニアユースの3年間を過ごしたのです。

    ユースにはもちろん上がれませんでした。

    『めっちゃもったいない。』

    今ならそう思います。

    けれど当時12歳の私はそう思えなかった。

    私は、マイナスにしか受け止めれなかった。

  • そして、高校の進路を決める時にジュニアユースの監督にきかれました。

    「ユースには上がれないが、進路はどうする?」
    「県外の強豪校を紹介する事も出来るし、高校3年間で再度チャレンジしてプロを目指す事も出来ると。」

    でも、当時の私はもう折れてたんです心が。

    「大阪に残って、高校サッカーを全力でやってサッカーはそれで止めます。」

    そして、大阪の東海大学の付属校である仰星高校に進学しました。

    高校3年間をプレーし全国大会に出てサッカーを引退しました。

    私は夢を諦めたのです。

  • 自分を変えるきっかけをくれたある男の存在

    『後に分かった事なのですが、私と全く同じ状況に立たされたにも関わらず諦めてなかった男がいたのです。

    同じようにベンチに座って、試合にも出してもらえず、時には下の学年と混ざってトレーニングをしたり、そんな状況の中でも心折れずに、前向きにサッカーに取り組んで、夢を諦めなかった男が。

    彼は、私と同じようにユースには上がれず、高校の部活動で夢を追いかけたんです。そして、高校を卒業すると同時にプロになりました。

    そして、今は日の丸をつけて世界と戦っています。

    本田圭佑
    (ACミラン)。

  • 本田がプロになった事を知った時は衝撃でした。

    「えっ!?」「なんでお前が!?」

    いや、本当にそう思ったんです。
    なぜなら、私と同じぐらい本田もベンチを温めてたので。

    本田は体も小さかったし、足も遅かったんですよ、当時。
    本田には勝ってるかなって私が思ってたくらいなんで。

    でも、その本田がプロのピッチに立ってたんです。
    本当に衝撃でした。
    そして、こう思いました。

    「諦めてへんかったんや…」

    何とも言い難い感情に襲われました。

  • すごく惨めに思いました、自分の事を。
    めっちゃ、自分ダサいやんって。

    この事は、当時マイナス思考な私には受け入れられなかったのです。

    そして私は大学生活を、サッカーから距離を置いて、めっちゃ楽しみました。

    毎日遊んでいました。

    今思えば少し自暴自棄になっていたのかもしれません。

    でも、どこか引っかかってたんです。

    なんというか、『逃げている?』『後悔している?』そんな気持ちです。

  • 『なんで、本田は今プロの世界で活躍してて、俺は、こんな事してるのでだろう…』
    『中学の時は、同じ場所にいたのに、なんでこんなに差が付いてしまったのだろう…』

    なんか、すごい自分が情けなかったです。

    そして、そんなモヤモヤしている時に、ついにその日がやって来ました。

    私のXdayが…

    スポーツ心理学との運命的な出会い

    たまたま受講した授業の名前は、「スポーツ心理学」。

    授業に出てみると、すごい人数の体育学部の生徒がいました。

  • そして赤いポロシャツを着た、高妻先生が出てきて授業が始まったんです。

    内容はこれまた衝撃的なものでした。

    オリンピックで金メダルを取る人の心理面の共通点、結果を出せない人の共通点を学ぶ学問だったんです。

    そしてメダリストの共通点を、トレーニングとしてプログラム化し、結果を出せない人が、それを取り入れトレーニングするとメダリスト同様に結果が出せるようになると…

    そして、さらに衝撃的だったのが…
    結果を出せない人の共通点が、ほとんど私に当てはまって、金メダルを取る選手の共通点が、色々と本田圭佑に当てはまっていたのです。

  • 『これだーーーーーーー!!!!』

    そう思いました。

    そして、すごく悔しい気持ちになりました。

    もっと早くこの「スポーツ心理学」に出会っていれば…

    自分も夢をあきらめないで、Jリーガーになれたのでは?

    本気でそう思ったんです。
    すごく悔しかった。

    そう思うと同時に、
    『これを学んで指導できるようになれば、自分と同じように挫折しそうな選手の夢を叶えてあげられるんじゃないか? 』
    『自分と同じ想いや、同じ後悔をする選手を減らしてあげる事が出来るんじゃないか?』と思ったのです。

  • スポーツ心理学という学問に出会ってから8年間、様々な現場に足を運びスポーツメンタルトレーニングを学びました。

    自分がサポートしている選手やチームの、心が強くなっていく場面に何度も立会い、共に喜びを共有してきました。

    そして、確信を持つことができました。

    本当に心はトレーニングで強くなるんだと。
    そして、夢は叶うのだと。

    私自身は、子供の頃の夢を叶えることはできませんでした。

    でも、今、夢を持った選手達をサポートすることができると。

    自分と同じように挫折しそうな選手達をサポートする事が出来ると。

  • 一緒にまた、夢を目指していけるんだと。

    これから、もっと夢を持った多くの人達と出会う事でしょう。

    今、夢を持って頑張っている人、でも上手くいっていないと感じている人、諦めかけている人、心が弱い…、そう思っている人もいるでしょう…

    皆さんにとって、このスポーツ心理学・スポーツメンタルトレーニングは大きな力になります。

    簡単に夢を諦めないでください。

    心はトレーニングで強くなるんです。

    ココロツクル株式会社
    代表取締役 谷野 隆太

  • 代表プロフィールはこちら

会社案内

社名 ココロツクル株式会社
代表取締役 谷野 隆太
本社 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-8-3-301
TEL 03-4571-0073
MAIL ryu@cocotsuku.jp

SMT
(スポーツメンタルトレーニング)
メニュー

SMTとは、スポーツ心理学を応用した独自のメンタルレーニングプログラムです。

SMT料金(目安)

受講
人数
1回のみ
(1回2時間)
年間
(12回コース)
~50名 3,000円/1名 30,000円/1名
~100名 2,000円/1名 20,000円/1名
101名~ 1,000円/1名 10,000円/1名

導入実績

  • 川崎新田ボクシングジム

    スペリオ城北

    NPO法人アイスフォゲルスポーツクラブ 町田JFC

    ブリンカルスポーツクラブ SHIRAYURI FC

    JFC FUTURO

    ジュニアオールスター神奈川県選抜(男子バスケットボール)

  • 関東第一高校 サッカー部

    神奈川県立上矢部高校 野球部

    神奈川県立上矢部高校 女子バレーボール部

    昌平高等学校ラグビー部

    石川県白山市立北辰中学校 野球部

  • 株式会社 シンクスマイル 営業部

    リスタンダード 株式会社 営業部

仕事を楽しむためのWEBマガジンB-plus

谷野隆太
1987年1月25日生まれ
大阪府出身


ガンバ大阪ジュニアユース時代に、現日本代表の本田圭祐(ACミラン)や、東口順昭(ガンバ大阪)と共にプレーし、全国ベスト8を経験。
東海大属仰星高校サッカー部時代には、現日本代表の藤春廣輝(ガンバ大阪)と共にプレーし全国大会に出場、大阪大会では優秀選手にも選ばれた。
その後、東海大学体育学部から同大学の大学院へ進学し、高妻容一教授の元で応用スポーツ心理学(スポーツメンタルトレーニング)を学んだ。
修士論文では、サッカー選手のプラス思考とマイナス思考について研究を行い、それと同時にサッカー、野球、バスケットボール、プロボクシング、レーサー等幅広い種目の心理的サポートに関わった。
大学院修了後は、町田JFC(サッカー)に所属し、専属のメンタルトレーニングコーチとして活躍、ユニバーシアード日本代表の柴戸海(明治大学)や、U-19全日本大学選抜のイサカ・ゼイン(桐蔭横浜大)などに対し心理的サポートを行った。
現在はスポーツのみならず、ミュージシャンや劇団、教育やビジネスといた様々な分野において活動を行っている。

ページの先頭へ